働くことは幸せへの一歩
「働く幸せ」をお手伝いします

元神タイガース八木選手との対談

元阪神タイガースで現在は野球解説・評論家としてメディアで活躍中の八木裕さんより、当社アローパーソナルサービス人材紹介事業へのインタビューにお応えしました。
対談記事はこちら

「仕事」はいつでも、あなたを必要としています!

日本の人材不足が深刻な現代社会において、 労働人口の減少は大きな問題です。この問題を解決するには、働く機会を探す未就労の皆さんのお力をお借りする必要があります。そんな中、もしかするとあなたもこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 「働く気力と能力は誰にも負けないが、障がいを持つ自分に、合う職場を見つけられない」
  • 「保育士や福祉の専門資格を持ち、働く意欲もあるが、家庭の事情で就職に踏み出せない」
  • 「元気で、経験、能力を備え、歳はいっても働く意欲は十分にあるが、それを発揮する職場が見つけられない」

このように、働くチャンスを見落としたと思い、悩まれる人が多くおられます。
なおかつ、自分の思いと違う環境で就業を諦めた人の中でも、“受入れる企業”と“就労を希望する人”が互いに理解しあい、適正なマッチングを行えば、十分に活躍できる職場が有ります。弊社は就業者と雇用者、双方の適正なマッチングを行います。それにより、あなたも雇用者に重宝がられ、 職場で働く意欲と楽しみを得ることができます。就業者と雇用者双方が、お互いに有益となる関係性作りを大切にしています。

アローパーソナルサービスでは
この様な方が活躍しています。

障がいを持つ方

障がいを持つ方

詳しく見る

保育士・福祉関係の方

保育士・福祉関係の方

詳しく見る

シルバー世代の方

シルバー世代の方

詳しく見る

活躍できる場を手に入れました

足に障がいを持つTさん(32歳男性)

幼い頃に片足を切断という事故に遭って以来、人との関係を持つ事を拒否する性格でした。その後弁理士の勉強をし、何とか入社出来た会社も職場で上手く行かず退職をする羽目に。そんな中でこの会社に出会い、仕事が見つかりました。今は社内で皆と笑顔で話す事が出来る様になり、仕事も目標としている弁理士の助士で自信もつき、昔の自分がうその様に思える毎日です。

保育士の資格を持つMさん(37歳女性)

私は5年のキャリアを持つ保育士でしたが、結婚し子供が生まれたこともあり、仕事を辞め家庭にはいりました。
しかし世間は保育士不足です。私も育児を続けながらもう一度働きたいと思い相談しました。働く人の身になって、無理なく自分のペースに合った条件の職場をご紹介頂いたお陰で、私の大好きな保育士としての第二の人生を始める事ができました。

シルバー世代のKさん(64歳男性)

昨年退職した後は、する事もなく家の粗大ごみと化しておりました。収入も必要でしたが、自分自身がこのまま朽ち果てる不安と恐怖に居たたまれぬ思いでした。この歳で働ける場所は、守衛やサービス業ばかり。そんな時にこの会社の職業紹介支援を受け、経理の専門職経験が生かせる職場に就職する事が出来ました。今は体力が続く限り頑張るつもりです。

アローパーソナルサービスが選ばれる
3つの特徴

  • しっかりとしたカウンセリング
  • あなたの「できること」を重視し、一緒になってお仕事内容を検討
  • 企業側のニーズに「求職者」の能力をしっかりマッチ

お仕事を始めるまでの流れ

「働く幸せ」をお手伝いする
アローパーソナルサービス

「働くチャンスを見落とした?」と考え悩まれる人と、意欲ある就労者を受入れたいと考える雇用主とのあいだで、弊社は「働く幸せ」の架け橋となります。各々の個性を一人の人格と捉えて、その人々に必要な環境を整え、適正な評価をする事で、働く活動の場は大きく広がって行きます。そして徐々に社会の中で交わり理解を深める事で、周りの協力が必要な人々に対して思いやりの心、同じ目線で見る心が養われ、「人を大切にする」心が必然的に育まれます。

就業を希望する方はこちら

information_of__limited_campaign